© 2016 by Japanese Association of Pune

​ガーデンワダパオセンター(Garden Wada Pav Center)

 

 

 

 

 

MG Road近郊にあるガーデンワダパオセンターを紹介します。(ドラブジの裏あたりです。)

創業1972年。屋台からスタートし、未だに屋台を貫く老舗ワダパオ屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デーヴナーガリー文字でガーデンワダパオセンターと書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​ワダパオのワダとは揚げたじゃがいもコロッケのようなもの(写真手前)。

パオとはパンのことです(写真奥)。ワダをパオで挟んで食べるコロッケバーガーです。

 

 

付け合わせは唐辛子の素揚げ。

これをかじりながらワダパオを食べるのが流儀ですが、辛いのが苦手な方は無理せずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個 14ルピー。ふたつで十分お腹は満たされます。

ワダパオ屋さんは星の数ほどあれど、ここの違いはパオの中にミントソースをかけていることです。

これによってパサパサになりがちなパオにしっとり感と清涼感を加えています。

ワダのほうも揚げ方に工夫がされていて、じゃがいものしっとり感と衣のサクサク感を絶妙に両立させた食感を実現しています。

インド人の食感へのこだわりがうかがえます。

急ぎの方にはドライブスルーがおすすめです。

車の窓を開けて露店の前を通るだけで、お店の方から有無を言わさず紙の包みが届けられます。

中にはワダパオが2つ入っています。